海外のサプリメントは危険?

海外のサプリメントは危険?

サプリメントを摂取しているスポーツ選手も多くいます。また一般の人でも健康についての関心が高まってきていますので、サプリメントの需要については増加傾向にあります。

このサプリメントについては日本よりも海外、特にアメリカでは多くの種類が売られています。そしてサプリメントについて、特にアメリカでは適正製造規範、成分量分析検査、崩壊性試験が義務づけられています。

日本ではこのようは規範や試験は義務付けがなされていないです。しかし、このような理由からサプリメントについては日本よりもアメリカなどの海外の製品が危険がすくないとはならないです。

それは海外の製品では日本人の身体にあわせて製造されていないからです。このような事柄から日本人が摂取するとなると、海外では考えられなかった副作用が生じる場合があります。

そのためにも海外の製品を摂取する場合には医師や薬剤師に相談して指示を受けるようにする必要があります。

日本のサプリメントは全て安全?

日本のサプリメントは全て安全?

日本国内ではドラッグストア等でさまざまなサプリメントが販売されています。それらは健康のために効能がある健康補助食品として販売されているものです。

基本的には、人体に害のある食品は販売できないように法律で規制がなされていますので、安全性という意味では問題はないといえるでしょう。

ただし、個人差というものがあり、人によっては身体に合わないということも全くないわけではありません。サプリメントを服用していて身体に異変を感じた場合には、服用を停止するなどの対処も必要です。

特に身体に影響が出やすい子どもや高齢者の服用時にはほかの家族が見張っていてあげることも重要になってきます。水で飲む、などの服用の仕方も説明書きを守ることが重要です。

サプリメントの飲み過ぎは逆効果になる?

サプリメントの飲み過ぎは逆効果になる?

食生活が偏りがちな現代人。不足している栄養素はサプリメントで補っているという人も少なくないでしょう。

しかし長期間過剰に摂取した場合、体によいどころか逆効果になることがままあります。急性中毒症状、慢性中毒症状がでてかえって健康が阻害されることがあるのです。

ひとつ顕著な例を挙げるとビタミンAです。急性の中毒症状に腹痛、嘔吐、めまいなど。

慢性の中毒症状になると全身の関節や骨の痛み、食欲不振、頭痛、脱毛など、さらに胎児に悪い影響が出る恐れもでてきます。

過ぎたるは及ばざるが如しの通り飲みすぎは逆効果です。

厚生労働省が摂取量の上限を定めています(耐容上限量)ので上限を超えることのないよう適正量内で服用するよう心がけましょう。